コーチングを受ける事にしました。
Pocket

ちょっと自分の人生観について、

今日はアウトプットします。

今、僕はサラリーマンしながら

会社を持ち、自分でもビジネスをしています。

その目的は?

となると、まぁ生活のためというのもあるし、

資産を作りたいということもあります。

けど、これが成せたら良いのか?

というとちょっと違います。

家族関係も良好に保ち続けていきたい。

健康も大切です。

ゴルフなどの趣味も大切なことですし、

友人との付き合いなども大切です。

そして、読書だったり、映画見たり、

色々と知識を得るための勉強もやっていきたい。

ネットビジネス系で情報発信している人は、

基本的に稼ぐ系に特化して自分のブランディングを

しているわけですが、

僕は別にそこにフォーカスするのは、

ある意味自分を作っているので、

僕は自分の人生観という事について、

色々と思うことをアウトプットするというスタンスです。

なので、仕事だけが人生でもないし、

お金が全てでもない。

僕は、その全てをトータル的にバランスを保ちたいと

常々思っています。

仕事もしっかりするけど、

家族との時間も充実させるし、

健康のためのジムに通ってたりもする。

映画も観るし、本も漫画も読む。

こんな感じです。

でも、これを自分だけでうまくやっていくのは、

ちょっと難しい事でもあります。

自分のパフォーマンスをもっとあげる必要もあります。

で、今回、コーチングを受ける事にしました。

実はもうかなり前からコーチングには興味を持っていました。

けど、コーチングって値段もかなりするし、

受けたいけど、そこに投資する勇気がありませんでした。

けど、このコロナのことや会社を興した、このタイミングこそ

最高のタイミングじゃないかなと思いまして、

思い切って受ける事にしました。

ここで、コーチングとは???

簡単に説明するなら、

スポーツ選手ってコーチがいますよね?

あれと同じようなものです。

自分にコーチをつけて、

自分の目標とするとこに向けて指導してもらう。

という感じです。

コンサルに似ていますが、

コンサルって、1つの分野に特化していますが、

コーチングは自分の人生トータルって感じです。

で、先日第一回目のコーチングがありました。

初回は4時間かけて行いました。

4時間という時間、

あっという間に終わりましたが、

なんだろう、、

自分自身が見えていなかった自分。

自分のキャラクターというところが、

現れてきたというか、自分の使命というか天命というか

何がしたいのか??

ここが垣間見れてきました。

うーーーん、例えていうなら、

暗闇の中をずっとさまよっていたけど、

向こうに一筋の光が差し込んでいるのが見えてきた。

そんな感じを受けました。

初めての感覚ですね。

多分、その光が差し込んでいるところに、

今後向かっていくんだろうと思います。

という事で、

自分自身をもっとレベルアップさせていこうと思います!!

関連キーワード
自己投資の関連記事
  • 読書こそ自己投資の第一歩!
  • 内的資産と外的資産
  • 自己投資の重要性
  • 副業で稼いだお金は投資していこう!
  • コーチングを受ける事にしました。
  • 英語を話したい、聞きたいという欲求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
税関に返品品を取りに行きました。
ebay
税関に返品品を取りに行きました。 高額商品の返品で、税関から手紙が来ました。 もしかしたら、関税が取られるかもしれない、、、 そう思ったので...
子供が自発的に勉強をする仕組み化
管理者の日記
子供たちのお勉強。 多くの親の悩みの一つだと思います。 けど、僕は思います。 子供が勉強しないとか、 子供の学力が低いのとか、、 そんなあな...
新たな仕入れ先の開拓
ebay
新たな仕入れ先の開拓 もう3年ぐらい前からですかね。 とあるお店の商品を扱わさせてもらっています。 相手も僕がebayで売ることを了承してく...
副業で複数の収入源を作っていく
副業全般
─────────────── 第1085号 令和3年2月24日 ─────────────── まずはサラリーマンと副業での複数の収入源。...
時間管理のもっと見える化
仕事術
時間管理のもっと見える化 数日前のメルマガで時間管理について書きました。 それで、時間管理について 少し修正をしました。 以前は、この時間は...
キャッシュフローの第2ステージ
お金に対する考え方
キャッシュフローで 資産を買って、 資産から収入を生ませる。 次は 資産からの収入が 支出を上回るようにする。 です。 それはつまり、 自分...