経営コンサルを受けてきました。アウトプットします。
Pocket

今日お昼から経営コンサルを受けてきました。

そのアウトプットです!

まずは、原価率を知るという事。

原価率とは、売上の中で原価がどれだけ占めているのか?という事。

物販においての適正目安としては60%

そして、原価には、ebayなどの手数料、荷造り運賃手数料というのは通常は経費の方に入っているが、この2つの数値も原価に含めて計算した方が良い。

次に変動費の解釈。

変動費とは、売上が上がると比例して上がるもの。

物販なら

・荷造り運賃手数料

・外注費

・支払い手数料

が変動費となる。

売上から売上原価、経費などを差し引いて、控除前所得が計算されるわけですが、この控除所得の額はいくらが良いのか?

という答えに対しては、銀行の返済元金の一年分が適正利益となる。

ということのようです。

例えば、毎月銀行への返済のうち元金が5万円あると仮定します。

そうなると、年間では60万となるので、控除前所得としては、60万円あれば良い。

もしここで控除前所得が100万あるならば、100万-60万を引いた40万円を使い、それをシステム開発日、設備投資などに使うと良い。

財務三表の見方について

次に教えたもらったのは、B/S、P/L、CFの考え方。

これは添付した画像のような流れで考える。

めちゃくちゃ分かりやすく、コンサル終了後、去年の自分の試算表を元に自分で同じ表を作成しました。

この財務三表を毎月作成して、資金繰り表を毎月つけていくと、経営について自然と頭に入るとの事。

今後は毎月作成し、数字に対して強くなっていこうと思います!

いやぁ、かなり勉強になりました!!

もともと解析とかするのは好きなので、これは面白いですね!

さぁ、もっともっと勉強していこうと思います!!

関連キーワード
会社経営の関連記事
  • 資金繰り表の重要性が分かってきました。
  • 資金繰り表の作成と家庭版資金繰り表
  • 持続化補助金の資料完成
  • 中倉さんの経営塾は入った方が良いのか?
  • 自分がやるべき仕事は経営!
  • 中期経営計画書から見えてくる未来

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
DHLへの対応と広告運用
ebay
今日は2点。 まずはDHL。 DHLへの対応ですが、個人で契約する場合でも 開業届が必要です。 今は、法人の手続きをしているので、 どうせな...
やっぱり実際の商品写真がいいよね。
ebay
やっぱり実際の商品写真がいいよね。 最近、シフトチェンジしています。 その中で、カタログの写真と実際の写真。 これを比べるとやっぱり実際の商...