Value Determinationという自分の本質
Pocket

先日、Value Determinationを知るという
セミナーを受けました。

 

 

これは、自分の価値観を知るという
セミナーです。

 

 

で、この価値観なんですが、

 

 

人の価値観はその時、その時で変わります。

 

 

恋愛中なら、恋人が最優先の人もいるでしょう。
受験勉強中なら、勉強や学習が最優先。
何か部活してたら、部活が最優先。
子供が生まれたなら、子供が最優先。

 

 

という感じで、
その時、その時で
”価値観”は変わります。

 

このセミナーでは、
まず、今の価値観が何なのか?
ワークを通じて、自分を深掘りします。

 

 

そうして、今の価値観がはっきりします。

 

 

価値観は、基本的に8つの分野からなります。

 

 

・仕事
・お金
・家族
・友人、知人、恋人
・学習、教育
・精神性の向上
・娯楽
・健康

 

 

この分野において、
価値観の順位づけがはっきりします。

 

 

でも、先ほど書いた通り、
価値観はその時、その時で変わります。

 

 

このセミナーでは、
まず、今の価値観を知る事から始まります。

 

 

そうして、ここまでワークした後に、
次は、自分の本質的な価値観を探りにいきます。

 

 

今の自分からどんどん昔に遡ります。
社会人なりたてのとき、
大学生のとき、
高校生、中学生、小学生、
幼稚園、幼児。

 

 

幼稚園の時とかの記憶ってほとんどないと
思いますが、このワークをしていくと、
忘れてたあの頃が思い出させれいくんです。。

 

 

そうして、自分の本質的な価値観。
これは昔から変わりません。

 

 

昔から変わらないし、
これからもきっと変わらない。
だって、それが自分のキャラクターだから。

 

 

もう、この自分の本質的な
価値観がわかった瞬間、
なんとも言えない感情が湧き出して、
”これが自分かぁ”って、、、

 

 

そのワーク、20名ぐらいいたのですが、
みんな何とも言えない感情になっています。

 

 

すごいの一言。

 

 

こんな感情、
とても言葉では表現しきれないような感情。
ワーク自体、数時間かかりましたが、
すっごく素敵な体験をしました。

 

 

それ以降、
自分の本質的な価値観がはっきりしてから、
ものすごく精神的に良い状態。

 

 

自分の価値が低い部分も
はっきりしています。

 

 

その低い部分の価値観に対しての
捉え方や対応の仕方、
これも教えてもらったので、
すごく良い!

 

 

いやぁ、セミナー受けて
こんな感情を得るなんて初めてですね。

 

 

価値観を知る。

 

 

大事ですよ。
ある意味、自分の取扱説明書みたいなもんです。

 

 

追伸

興味ある方、
知りたい方がいたら、連絡もらえれば
少しは教えれます。

 

 

ただ、このセミナー。
実は限られた人しか受けれなくて、
多分、また今度あることはないかもしれない。

 

 

セミナーを受ける前に
ある程度、トレーニングというか、
勉強というか、学ぶ必要があるんですよ。

 

 

その学びとかがないと、
しっくりこないというか、
なので、参考図書などは
教えれますが、
セミナー自体は、受けれないと思います。

 

 

ただ、今の自分の価値観を知るぐらいは、
参考図書でもいけると思います!

関連キーワード
自己投資の関連記事
  • 読書こそ自己投資の第一歩!
  • 内的資産と外的資産
  • 自己投資の重要性
  • 副業で稼いだお金は投資していこう!
  • コーチングを受ける事にしました。
  • 英語を話したい、聞きたいという欲求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
40歳になりました!
管理者の日記
実は今日、誕生日です! いよいよ40歳です! 人生の1/3が過ぎました! あと、2/3。 たったの2/3です。 120歳まで生きるつもり? ...
11月のタスク洗い出し
仕事術
─────────────── 第976号 令和2年11月1日 ─────────────── 11月になりました。 今月取り組む事を今日は...
DHLへの対応と広告運用
ebay
今日は2点。 まずはDHL。 DHLへの対応ですが、個人で契約する場合でも 開業届が必要です。 今は、法人の手続きをしているので、 どうせな...
英語を話したい、聞きたいという欲求
自己投資
ここ最近、海外企業とミーティングしていますが、 ほんと英語を話したい。 そしてもっと理解したい。 そんな欲求がどんどん強くなっています。 こ...
Facebookページからドメイン取得まで。
クラウドファンディング
そのうちメルマガでも紹介したいと思いますが、 昨日は、まず今後の展開について ザックリですが設計図を作成しました。 そして、Facebook...